練習前の習慣。効果ある集中法のご紹介〜1分間でα波を出しましょう〜

このところ練習前に習慣付けて良いなと感じている事をご紹介します。

1分間瞑想法

音楽療法の記事でα波のことを書きましたが、「1分間瞑想法」をピアノを弾く前に実践しています。

普段バタバタと、隙間時間にピアノを練習なさっている生徒さんにもオススメしたいです。

効果的にα波を出せる、というこの「1分間瞑想法」。正直「ホンマかいな」と思ってたのですが、いきなり練習を始めていた時とでは、かなり違う事を実感しています。

気持ちをリセットした状態から穏やかに音を選ぶ感じ、といったら良いでしょうか。

練習が短時間なら、なおさら集中したいですよね。

α波はリラックスしている時や、瞑想中に見られる脳波です。この状態に1分で入ってしまう方法です。

1 椅子に深く腰掛け、両膝を自然に揃えます。

2 足の裏を床にピタリと付けましょう。

3 頭頂部に紐をつけ、天井から引っぱられているようなイメージで、背筋と首筋をまっすぐ伸ばします。

4  顔を正面に向け、顎を引きます。

5 この姿勢のまま、仏像のように手を下腹の前で組みましょう。

6 この姿勢のまま、腹式呼吸を深くゆっくりします。そして息を吐きながら心の中で「ひと〜つ」「ふた〜つ」「みっつ〜」と数えます。

慣れるとゆっくり呼吸できるようになり、呼吸回数は1分間で10回以下になります。ここまでくれば、1分間ほどで瞑想状態に入る事が出来、自分でも驚くほど集中力や記憶力が発揮できるようになります。

1日1分生涯現役の脳を作る方法 保坂隆 著 より引用

この瞑想法、椅子に深く腰掛けるのでピアノ椅子がちょうどピッタリ合うのです!

あ、弾くときは椅子に深く腰掛けてはいけませんよ!弾く前のお話です。

1分間なら、本番前の舞台裏でもできるのではないでしょうか。

演奏って面白い

演奏にはその時の精神状態、心の中がもろに現れます。「まるでピアノ占い?」と生徒さんと盛り上がった事もあります。

多忙な毎日の方は、やっぱり余裕のない弾き方をなさるのです。1分間瞑想法で忙しい毎日から離れましょう〜。

心の中といえば、恋愛中の方は選曲から変わってきますし、もちろん演奏の方も上達なさいます。お子さんが誕生して、母になって演奏が素敵に進化なさる方もいらっしゃいますね。

演奏って本当に面白いのです!さて、私の演奏はどう感じられているんだろう?と思うと、なんだかドキッとしますね。笑

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。