アンサンブルについて

他楽器とのアンサンブルは楽しいものです。お互いの音を聴きあって、相手を引き立てたり、自分が主張したり、掛け合いを楽しんだり。一人で演奏するのとは全く違う刺激や、面白さがあります。

以前もアンサンブルの事について少し書いた事がありますが、上下関係?みたいなものがあると言いたいことも言えずに、しんどいかもしれません。

それでも、そこに「尊敬の念」があれば上手く行くのではないか、とも思います。
尊敬する師匠についてゆく弟子!の関係のような。

色々経験しましたが、やっぱり人間同士、気持ちの通う方とのアンサンブルが一番良いです。学生時代はピアノ専攻の人数が圧倒的に多く、なかなかトリオを演奏する機会がありませんでした。

これからの趣味の感覚ですが、ゆる〜い感じで室内楽も楽しみたいなぁと思い、この数年アマチュアの方と一緒に楽しく演奏しています。

アマチュア、と言っても長年レッスンを積んでこられた方々で休日は音楽三昧。練習時の音楽話も毎回、楽しいです。
(ゆる〜く楽しむつもりが、結局本気で弾かないと難しいベートーヴェンになってしまいましたが!)
今度は癒しのモーツァルトもしてみたいなぁと、リクエストしています。

ベートーベンのピアノトリオ1番、こんな風に演奏できたら素敵ですね。

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。