演奏会、発表会のマナーにつきまして

演奏会のマナーについて書きました。お出かけなさる方の参考になればと思います。

演奏中の私語は禁止。携帯はマナーモードか、電源を切る。

演奏中の雑音は演奏者、他のお客様の迷惑になります。開演前にアナウンスもありますが、これは常識ですね。

開演前に渡されるプログラムやチラシなども、手元を動かすとガサガサとやかましいものです。近くの方の迷惑になりますので、気を付けましょう。

拍手のタイミングについて

コンサートの曲目によっては長いものがあります。ソナタや、組曲、変奏曲などでは曲間の拍手はしません。

知らない曲で不安な時は1番に拍手をしないことです。周りの様子を見ながらにしましょう。

演奏者の立場からも、曲が終わって最後の音の余韻がまだ残っているタイミングより、一呼吸置いてからの拍手をいただければ嬉しいです。

町のピアニストから一言

色々な場所で演奏させて頂いておりますが、クラシックのコンサートが初めての方もいらっしゃいます。

私は、多くの方に喜んでいただけるプログラムでコンサート活動をしてまいりました。

クラシックは誰もが聴いたことのある定番の曲、その他のジャンルではポップスや映画音楽など、リラックスできる曲、楽しい曲も取り入れています。

持ち時間の長いコンサートでは最後に大曲を弾くこともありますが、演奏前の曲目紹介で「この曲は大曲で、30分程あります」と、演奏時間も必ずお伝えしています。

クラシックが初めての方に、30分の曲は長いかもと思うからです。

「そんなん、長いわぁ」と、感じられる方はお帰り頂いて良いので、前半だけ楽しんでくださればいい、と思っています。

でも実際には、皆様最後まで聴いて下さっています。とても嬉しいことです。

私の演奏がきっかけで、これまで聴いたことのないジャンルの曲にも、親しみを感じて頂ければ幸いです。

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。