面白い!「ラプソディ・イン・ブルー」Melodica Men動画

ラプソディ・イン・ブルーは大好きな曲。弾いているとテンションが上がってきます。
これまでにコンチェルトや、2台ピアノでも演奏しました。

今ではコンサートのレパートリーで、ソロで弾く機会が多い1曲です。

いろんな楽器のアレンジが聴けますね。ジャズピアニストの演奏だと、アドリブが面白いです。もうかなり前ですが、テレビで山下洋輔さんのソロピアノでこの曲を聴きました。

すごくカッコ良くて、「ピアノは楽器の王様!」そう感じさせてくれる演奏でした。

ひとりオーケストラ!という表現が似合うガーシュウィンのラプソディ・イン・ブルー。YouTubeで、楽しい動画を見つけました。

ピアニカでこれだけの表現が出来るのですね!リズムもセンスも良くて最高!息もピッタリです。仲良しコンビみたいでいいですね。

(DA PUMPの「ラプソディ・イン・ブルー」もあったので、えっ!?と思って聴いてみたら、タイトルが一緒なだけで全然違う曲でした。(笑))

このお二人、演奏もお上手なのですが何と言ってもこの表情、役者です!天下一品じゃありませんか!見てるだけで、楽しくなってきて笑ってしまいます。

たくさんレパートリーをお持ちで、ついつい他の曲もスキップしながら観て楽しみました。

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。