年賀状はいつまで書くでしょうか…

どうしようか、と思いながら今年もとりあえず100枚。

目上の方はお年賀状世代。でも、親しい人や同年代と年賀状のやり取りは、ほんとに少なくなりました。子供たちは、「まだそんなもん出すの?」ですって。

今は郵便局から、明日までの注文でしたら割引きです!とセールスの電話がかかってきますね 笑

いつまで、年賀状を買うかしら?お年賀状を頂いて思い出すような間柄の人は、今後やり取りがなくなってゆくんだろうなぁ、と思います。暖かいものが食べたいから、おせち料理も我が家では人気がなく、関係なし。初詣も人ごみが嫌いで行かないので、ほんとに平常通りです。どうも年のはじめに気合いを入れる、みたいなのがあまり性に合わないようです。

子供の頃は大晦日、ゆく年くる年を見て、年越ししたら近所の神社にお参りにゆく、というのが恒例行事でしたがすっごい嫌でした。母親がとても信心深い人で。だって寒いし、もう寝たいじゃないですか!で、翌朝は一年の計は元旦にあり!と早起きさせられ、もう散々。親戚付き合いがないからお年玉も友達の中で1番少なかったし!ロクな思い出ないです。

この先、いつか一回くらい旅先で思い出になるような年越しをしてみたいなぁ〜、とひそかに夢見ています 笑

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。