諦めなくて良かった!今でも笑える、コンクールでのドラマみたいな事。

1992年、ジョイフルサウンズピアノコンクールにチャレンジした時、大阪地区大会での事です。

地区大会の日を勘違い!

最初の音源審査を合格し、大阪地区大会に出場することになりました。

27年も前のこと、地区大会日時のお知らせはもちろんハガキ通知です。

ふんふん、と理解したつもりが、なんたる事か私は地区大会の日を、1週間先と勘違いしていたのです!

今でも思い出せる地区大会の朝、虫の知らせか、たまたまテーブルのサイドに置いてあったハガキを見たのです!

「えぇっ!!!今日!!しまった!しかも午前中!?」

私はのんびり起き、ラフな格好で朝ごはんの途中でした。その上、自宅から会場まで1時間半以上かかる距離に住んでいたのです。時間的にギリギリでした。

「もう無理か…」と一旦、諦めかけました。

でも次の瞬間、ダメもとでギリギリでも間に合うなら弾きに行こう!と思い直して、ウチを飛び出しました。

電車もギリギリ飛び乗り、はぁはぁと息も荒く会場に到着すると、もう受付が閉まりかけでした。

「すいませーんっ!!!」

汗まみれで、駆け込みでした。ギリギリ受付してもらい会場に入ると、1番の人が椅子の調整をして、弾く寸前の状態でした。

それでもなんとか、出番までには息も落ち着き普段の演奏が出来てホッとしました。

終わり良ければすべて良し

そんな、てんやわんやの地区大会でしたが、なんと!優勝することが出来たのです。

結果発表で名前を呼ばれてステージに上がった時、初めて自分がどんなに汚い格好で演奏したかに気付きました。

ギリギリに飛び出して行ったので、ヨレヨレのシャツとジーンズ、それに走るためにスニーカー(演奏に不向きな!)でした。

おまけに、すっぴんです。寝起きのまま走り出たのでした。

表彰式で改めて他の方々を見たら、皆さんステージ衣装に光る靴、男性もタキシードではありませんか!

ホントに情け無い姿でした。服装チェックされていたら、完全アウトでした。

私はその後、全国大会に進み第1位とグランプリをいただきました。賞金とヨーロッパ旅行も副賞で頂いたのです。

あの時、本当に諦めずに走り出て良かったです。ダメもとでも、頑張れるだけ頑張った方がよろしいです。

やってみないとわからないことって、ありますね。

スターダスト

「スターダスト」(Stardust)は、ホーギー・カーマイケルが1927年に発表したジャズのスタンダード・ナンバーである。楽曲名は「スター・ダスト」とも称される。

最初のレコーディングは、カーマイケル楽団により、インディアナ州リッチモンドにあるゲネット・レコード(英語版)のスタジオにて行われた。元々はミディアムテンポの楽曲であったが、1928年にスローテンポのレコーディングが行われ、1930年5月16日にアイシャム・ジョーンズ(英語版)がバラードナンバーとしてレコーディングして以来、スローバラードとして定着している。

1929年に、ミッチェル・パリッシュにより歌詞がつけられている。1931年にはビング・クロスビーが発表して以来、多数のヴォーカリストによって歌い継がれている曲でもある。

ウィキペディアより引用

ジョイフルサウンズピアノコンクールは、ポップス、ジャズ、クラシックなど多くのジャンルから選曲できました。

音源審査通過後、大阪地区大会では課題曲のポップスとバッハインベンションもしくはツェルニー30番練習曲より1曲、で審査がありました。

決勝の全国大会ではスターダストを、ストリングスオーケストラと演奏しました。

スターダスト

そして今、たそがれ時の紫の夕闇が
私の心の草原を覆い尽くす
空の高みに小さな星たちが登り
いつも離れている私たちを思い出させる

あなたはあの道を行き遠く離れてしまった
私に消えることない歌を残して
恋は今、星屑は昨日のもの
過ぎ去りし年月の音楽

時々何故か過してしまうのは
あの歌を夢見る孤独な夜
そのメロディーが空想に悩ませる
あなたともう一度いること
私たちの恋が芽生えたころ
キスにはいつもときめきがあった
しかしそれは遠い昔のこと
今私を慰めるのは
あの歌の星屑の中にあること

ガーデンウォールの傍らで
星が輝くころ
あなたは私の腕の中
ナイチンゲールは
バラが花咲く楽園のおとぎ話を語る
けれど見果てぬ夢
私の心に蘇るのは
私の星屑のメロディー
沸き出でる恋の思い出

ホーギー・カーマイケル:Wikipediaより引用

ジャズのスタンダードナンバーです。切ない恋の歌詞ですね、ビング・クロスビーで。

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。