ラフマニノフのパガニーニの主題による狂詩曲より第18変奏&演奏動画

パガニーニの主題による狂詩曲より第18変奏について

レッスンで、ラフマニノフのパガニーニの主題による狂詩曲より第18変奏を久しぶりに聞きました。この曲は色々なアレンジの楽譜が出版されていますね。

今日、Sさんがお弾きになった楽譜は、平井丈二郎さんの編曲で素敵でした。豊かな響きでしっとりと演奏したい、大人の生徒さんにぴったりの1曲ですね!

私は、コンチェルトの譜面をソロに編曲して自分流で弾きました。コンサートでも喜ばれる、魅力的なメロディーです。

CMや映画などで、一度は耳にされた方も多いのではないでしょうか。

この曲に使用されている、パガニーニの主題について

ニコロ・パガニーニ(1782~1840)は、イタリアのヴァイオリニスト、ヴィオラ奏者、ギタリスト、作曲家です。

パガニーニは作曲家である以前にヴァイオリニストでした。想像を絶するテクニックを駆使した華麗な演奏は、当時の聴衆を熱狂させました。

どんな楽譜も即座に初見で弾きこなし、ひとたびステージに立てば圧倒的なカリスマ性で聴衆を引きつけました。

あまりのテクニックのすさまじさゆえに「パガニーニは悪魔に魂を売って、技巧を手に入れた」と噂されるほどで、当時の後の音楽家に大きな影響を与えました。

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。