バイエル教則本について思うこと、80番演奏動画とともに

フェルディナント・バイエル(Ferdinand Beyer, 1806年〜 1863年)

ドイツの作曲家、ピアニスト。1850年頃に著した『ピアノ奏法入門書』(Vorschule im Klavierspiel op. 101)、いわゆるバイエルピアノ教本は、ピアノを学ぶ者に最適な入門書として日本で長く親しまれている。
バイエル教則本は、保育士試験・小学校の教員採用試験受験科目の実技試験に採用されることもある。

Wikipediaより引用

バイエルについて

昔はピアノ入門のテキストには、バイエルしかなかったのですよね。私も、この全然楽しくない教本でスタートしました。

上巻はト音記号ばかりで、ヘ音記号が全然出てこないのはよくない点かな、とは思いますが…バイエルは着実に実力がつく、と思っています。

今のお子さん向けの可愛い本は、実力をつけるのにたくさんのテキストが要るように感じます。そのほうが子供さんは飽きないで練習できるかもしれませんが…。

もちろん知ってる曲だと弾いていても楽しいし、可愛いテキストなら嬉しいのもわかります。

バイエルは下巻から、レッスンに取り入れています。下巻になると結構、難しくなりますし曲らしくなってきますね。

今、短大保育科に進学される生徒さんが、バイエル前半を練習中です。先日レッスンの最後に、「後半になるとこんな曲が弾けるよ」と、80番を弾いてみたら「え〜っ」と驚いていました。笑

バイエル80番弾いてみました。

素敵な練習曲ですね!

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。