ピアノ界のビヨンセ・カティア・ブニアティシヴィリ

ピアノ界のビヨンセ/カティア・ブニアティシヴィリ(ピアノ)Khatia Buniatishvili

1987年ジョージア(旧称グルジア)生まれ。6歳よりリサイタルやオーケストラとの共演を行っている。

’03年ホロヴィッツ国際コンクールでは、特別賞受賞。トビリシ国立音楽院在籍時に’05年第3回トビリシ国際ピアノ・コンクールで入賞した際、審査員であったオレグ・マイセンベルグからウィーン国立音楽大学への転入を薦められその後BSI の奨学金によって、ウィーンでマイセンベルクの下で学んだ。

‘08年にはショパン、ピアノ協奏曲第2番でカーネギーホールにデビュー。同年アルチュール・ルービンシュタイン国際ピアノコンクール3位並びに最優秀ショパン演奏賞、オーディエンス・フェイヴォリット賞受賞。

その後、ケント・ナガノ、ミハイル・プレトニョフ、パーヴォ・ヤルヴィ、ネーメ・ヤルヴィ、ウラディミール・アシュケナージ、チョン・ミョンフン等の著名な指揮者との共演、また、パリ管、フランス国立管、イスラエル・フィル、フランクフルト放送響、ウィーン響、フィラデルフィア管、ミュンヘン・フィル、等世界の著名オーケストラにもソリストとして登場している。

また彼女はヴェルヴィエ、ルツェルン、アスペン、アムステルダム、メニューイン、サンクトペテルブルグ、BBCプロムス、ザルツブルク、MDRライプチッヒ、ラ・フォル・ジュルネ、マルタ・アルゲリッチ・プロジェクト等の各音楽祭にも定期的に招かれている。

世界の主要都市でリサイタルを行っているが室内楽も数多く、’12年と’16年にはベルリンにおいて権威ある「エコー賞」を受賞している。

ソニークラシカルの専属として’11年リスト・アルバムでCDデビュー、その後毎年のように「ショパン・アルバム」、「マザーランド」(レコード芸術特選盤)、「カイレイドスコープ」(読者ベスト10入り)、2017年にはラフマニノフ「ピアノ協奏曲2、3番」(パーヴォ・ヤルヴィ指揮チェコ・フィル)を発表、いずれも高い評価を得ている。

ウイキペディアより引用

教室の生徒さんがお好きなピアニスト、という事で知りました。近々、大阪でコンサートがあるそうです。

まず、なんとセクシーな方、「ピアノ界のビヨンセ」というキャッチフレーズも、納得です!

演奏も、一度聴いたら忘れられないようなキョーレツな個性ですね。

「好きか嫌いか、先生の意見が聞きたいです。」と、Mさん。

うーむ、「ビミョー」ですね…。

動画、面白いです。これ、クラシック?シューマン?って感じ。やっぱ、音楽の境界線は無くなってきているような感じがしますね。

教室の生徒さん達とのピアノ話、いつも楽しいです 笑

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。