癒し・シューマン〜トロイメライ演奏動画とともに

『子供の情景』 Op15より、第7番 トロイメライ  (シューマン 1839年作曲)

『子供の情景』(こどものじょうけい、ドイツ語: Kinderszenen)作品15は、ロベルト・シューマンが作曲したピアノ曲の代表作のひとつ。特に第7曲『トロイメライ』は名高い。

作曲は1838年に着手されたが、曲の大部分は2月から3月にかけて作られ、全曲の完成は4月まで要した。(ただし一部は前年の1837年から作られている)。同年の3月19日(17日もしくは18日とも)にクララへ宛てた手紙の中で、「時々あなたは子供に思えます」という言葉の余韻の中で作曲に至ったという。

そしてシューマンは30曲ほど作った小品の中から、12曲を選び出して『子供の情景』と名付けたという。シューマンの日記によると「トロイメライ」が2月24日に、「十分に幸せ」が3月11日にそれぞれ作曲されている。なお13番目に作られた曲がどれなのかは不明である。

出版は1839年2月にライプツィヒのブライトコプフ・ウント・ヘルテル社より。シューマンは作品の完成後にブライトコプフ社に楽譜を送付して出版を望んだが、理由は不明だが大きく遅れてしまい、催促の末に翌年の2月になって初版が出版された。

この曲はフランツ・リストを感動させた。彼は「この曲のおかげで私は生涯最大の喜びを味わうことができた」とシューマンへの手紙に書き、週に2、3回は娘のために弾いていると明かしている。

「この曲は娘を夢中にさせますし、またそれ以上に私もこの曲に夢中なのです。というわけで私は、しばしば第1曲を20回も弾かされて、ちっとも先に進みません。」

シューマンは後に、『子供のためのアルバム』作品68や『子供のための3つのピアノソナタ』作品118などの子供の学習用のピアノ曲を作曲している。

しかし作曲者本人の語るところによると、『子供の情景』はそれらの作品とは異なる「子供心を描いた、大人のための作品」である。

曲の構成

第1曲「見知らぬ国と人々について」

第2曲「不思議なお話」

第3曲「鬼ごっこ」

第4曲「おねだり」

第5曲「十分に幸せ」

第6曲「重大な出来事」

第7曲「トロイメライ(夢)」

第8曲「暖炉のそばで」

第9曲「木馬の騎士」

第10曲「むきになって」

第11曲「怖がらせ」

第12曲「眠りに入る子供」

第13曲「詩人は語る」
全13曲からなり、標題がそれぞれ付けられている。演奏時間は約18分。

第7曲 トロイメライ(夢) (Träumerei)
ヘ長調、4分の4拍子。
作曲者のピアノ曲の中で最も有名なもののひとつ。各種楽器用に編曲も幅広い。中声部に複雑な和声進行をすることで幻想的な音響を形成するのは作者の常であるが、曲想と一致していて最も効果をあげた作品。4小節の旋律が上昇・下降するが、これは8回繰り返される。

ウイキペディアより引用

シューマン トロイメライを弾いてみて

ヒーリングミュージックとしても定番のこの曲、聴いているだけだとわからないのですが、弾いてみると結構複雑なのです。手強い癒し曲。(そんな言い方ある?笑)

一番聴かせたいメロディーは、度々他の音と組み合わさって和音(2つ以上の鍵盤を同時に弾く)になっています。

だから、メロディーを歌うように弾こうとしたら、タッチをコントロールしてメロディー以外の音を小さく弾かなければならないのです。全部の指の音が同じ音量だと、「?」と、なんの曲か、わかり辛くなります。

ゆっくりじっくり仕上げる曲ですね。

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。