大人の生徒さんに人気の曲〜ベートーヴェン悲愴2楽章 演奏動画とともに

ソナタ悲愴2楽章(1798年 ベートーヴェン作曲)

ピアノソナタ第8番ハ短調作品13「ソナタ悲愴」は、ベートーヴェンの初期の代表作です。
第14番「月光」・第23番「熱情」と共にベートーヴェンの三大ピアノソナタの一つとしても数えられ、人気も高い作品でもあります。
難易度もそれほど高くないことから、音楽愛好家の方々が演奏する機会も多くあります。

全楽章を通して人気が高いですが、特に第二楽章の冒頭部分はテレビやCMでもよく耳にします。
タイトルから音楽をイメージすると、悲しみに満ちた音楽のような気もしますがそうではありません。
「情熱的な部分」や「光を感じる部分」、「懐疑的な表現」などベートーヴェンらしさがたっぷりと詰まった傑作です。

ムジカ クラシカより引用

大人の生徒さんに人気の曲

誰もが聴いたことのある、美しい旋律です。大人の生徒さんに人気で、発表会で定番と言える1曲ですね。
今年の発表会プログラムにも入っています。

テンポですが、演奏する方によって最適なテンポは微妙に違ってきます。遅すぎるのも早すぎるの良くないですが…。おすすめするのは、メロディーを感じながら(歌いながら)弾けるテンポ、でしょうか。

御自分の出している音を良く聴いて演奏しましょう。指の都合で途中でメロディーが途切れたり、不自然に音が飛び出したりしていませんか?

たくさん音がありますが、一番大切な音はメロディーです。メロディーは最後の音まで聴きましょう。

ゆったりした気持ちで弾いてくださいね、だんだんと心が落ち着いてきます。

生徒さんの参考になれば嬉しいです。弾いてみました。

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。