大人のラジオ体操!と楽譜の譜読みについて

5分で出来そうな事。先日から、なかなか探せてませんがとりあえず!久々にこれを引っ張り出しました!

私はもともと運動が大嫌い。これまでの体操、筋トレ、ストレッチ本、全て無駄遣い。途中で辞めました。笑
このラジオ体操も何年か前に、話題になってましたね。

最初に買った時は結構、う〜ん半月くらいは実践したように思うんですが…。
効果を感じた頃に立て込んできて、忘れるようなことが起こったんでしょう 笑

なんせ、健康でなければ何にもはかどりません。
自分はもちろん、家族も健康で普通に暮らせてこそ忙しくても他のことも出来るのです。

当たり前のように思わないで、感謝しないといけませんね。

もう一度ラジオ体操再開します。ちなみに第1体操は3分30秒です。5分以下です、これぐらいはっ!

さて、忙しくても立て込んできても絶対に忘れはしないのはピアノを弾くこと。 笑
やっぱり自分はピアノが好きなんだなぁ、と思います。

ワクワクするのは、初めて曲を譜読みする時。

ここでピアノ教師目線から一言ですが、譜読みは最初が肝心。
音だけでなく、指番号も一緒に譜読みしていきましょう。

ベテランさんの生徒さんになると、最適な運指(指番号のことです)をご自分で書き込んでレッスンにいらっしゃいます。素晴らしい!

楽譜によっては、全然指番号が書いていないものもありますね。

その場合は、最適な運指をレッスンでお伝えしています。ピアノに慣れていらっしゃらない方は、どうやって決めて良いか迷われると思います。

その時は難しいところ、譜読み前に番号を書き込ませて頂きますので大丈夫です。ゆっくり一緒に進んで行きましょう。

弾きやすい指番号を発見するのも、コツがあるんですよ。

私は子供の頃から、結構マイ指番号を書き込んで練習していました。
難しいところがスッと簡単に弾ける時があると、嬉しくてハマります。 笑

いつも生徒さんにお伝えしていますが、必ずしもテキストの指使いが最適ではありません。
だって人間皆、指の長さも得意な動きも違いますもんね!

基本から、大きく外れてはいけませんが難しいところはマイ指番号を探してみましょう。

楽しいですよ!

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。