脱力について〜無理のない奏法で、ピアノを長く楽しんでいただくために。

大人のピアノレッスン〜ピアノを長く、楽しんで弾いていただきたい

無理な力が入ると、ピアノからは固い、緊張した音、パーン!という打撃音がします。

脱力した弾き方で演奏すると、ピアノは豊かな響きで歌います。

間違ったフォームで練習を積み重ねることは、腱鞘炎などのトラブルの原因にもなります。正しい奏法で、故障なくピアノを長く、楽しんでいただきたいです。

脱力のレッスン

「脱力して楽にピアノが弾きたい、美しい音で演奏したい。」大人の生徒さんからよくある相談です。

実際、脱力をご自身で理解して身に付けていただくのは、なかなか大変なことです。長年の癖がついてしまっているとなおさらです。

でも毎回、脱力した指、手、腕、を意識してお家での練習をスタートしていただくと、少しづつ効果を感じていただけるようになります。

レッスンでは、力が入った演奏と脱力ができている演奏を両方、例として私が弾き音の聴き比べをして頂いています。

まず音の違いを感じていただきたいからです。言葉でもお伝えしますが、お手本弾きのあと弾いていただくとガラッと音が変化なさる方もいらっしゃり、驚かされます。見て真似をする、というのはとても良いことだと思います。

力んだ音と脱力できている伸びやかな音の違いがわかると、耳の良い生徒さんはご自分の音を聴いて「違う」と感じたら弾くのをやめて弾き直しなさいます。

レッスンでは、疑問に思っていらっしゃることをどんどん質問してくださると嬉しいです。

生徒さんの素敵なピアノライフを応援させていただきます。

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。