令和に歌い継がれて欲しい曲・朧月夜〜歌伴奏&BGM〜演奏動画とともに

『朧月夜(おぼろづきよ)』(作曲:岡野貞一、作詞:高野辰之による日本の唱歌)。

1914(大正3)年「尋常小学唱歌」第六学年用に掲載されました。

『朧月夜(おぼろづきよ)』

菜の花畠(ばたけ)に 入り日薄れ
見わたす山の端(は) 霞(かすみ)ふかし
春風そよふく 空を見れば
夕月(ゆうづき)かかりて におい淡(あわ)し

里わの火影(ほかげ)も 森の色も
田中の小路(こみち)を たどる人も
蛙(かわず)のなくねも かねの音も
さながら霞(かす)める 朧(おぼろ)月夜

歌詞の意味・現代語訳

菜の花畑に夕陽が沈み
山々の稜線(りょうせん)を見渡せば
霞が深くかかっている
春風がそよそよと吹き 空を見上げれば
夕方頃の月がかかって 淡く色づいている

人里の家々の灯りも 森の緑も
田んぼの中のあぜ道を歩く人も
カエルの鳴く声も お寺の鐘の音も
すべてが霞む(かすむ) 朧月夜

世界の民謡・童謡より引用

朧月夜とは、霧に包まれ柔らかくほのかに霞んで見える、春の夜の月のことです。

朧月…風情のある言葉ですね。疲れている時、こういう曲を弾くとホッとします。

もうすぐ元号も変わりますが、昔からの唱歌や童謡も歌い継がれて残っていて欲しいなと思います。

弾いてみました

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。