ピアノの中に鉛筆2本!

ピアノを練習してて書き込みしている時。こういう経験された事ある方、多いと思います。

手が滑ってピアノの鍵盤蓋とグランドピアノの前面、(前框 まえかまち、というそうです)、の隙間に鉛筆を落としてしまいました!
たまにカタカタいうのが気になりつつ練習をつづけていたら、また同じ失敗を!何をやってるんだか…合計2本。

元通り直せるか不安に思いつつ恐る恐る、蓋を開けてみたら…

おぉ〜っ!ありました、悩みのタネが。

取り出して、ひとまずホッ。
ハラハラしましたが、無事蓋を元通りに直す事が出来ました。あ〜、良かった〜。

調律師さんにお願いしようかと思っていましたが、こんな専門家にふさわしくないトラブルシューティングにお招きせずにすみました。良かったです。

さて、大阪の家にはスタインウェイのフルコンを所有しております。
1902年製の、ヴインテージ・スタインウェイです。

このピアノのことについて、詳しく書かせていただきました。
夫のブログのページにて、毎日シリーズで少しずつ紹介してゆこうと思います。
(文章は、私が書きました 笑!)

よろしかったら、メニューから夫のブログのページも覗いてみてくださいませ。

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。