久石穣「Summer」 演奏動画とともに

Summer (久石譲)

Summer(サマー)は、日本の作曲家久石譲の楽曲。1999年公開の映画『菊次郎の夏』(監督・北野武)のメインテーマである。後にトヨタ・カローラのCMにも使用された。

幅広い音楽性が盛り込まれた久石譲の集大成ともいえる楽曲。映画『菊次郎の夏』では、劇中様々なアレンジでリフレインされており、サウンドトラック盤ではそれぞれタイトルは異なっている。

「Summer」は前半の主題(映画のメインタイトル及びCMで流れる旋律はここに当たる)と、後半の副題と主題の変奏から成る。サウンドトラックでは、「Going Out」「Mad Summer」「River Side」が主題の旋律、また、「The Rain」「Summer Road」の終結部も主題の旋律となる。「Kindness」「Angel Bell」「Two Hearts」「Summer Road」では副題の旋律が使われている。

久石は当初、軽くて爽やかな「summer」の主題を第2テーマとして考えており、メインテーマは監督の北野武から依頼されたリリカル(叙情的)な主題の予定だったが、北野が前者を気に入ったため、急遽メインテーマに格上げとなった逸話がある。

久石譲のコンサートやソロアルバムにおける「Summer」
久石譲のコンサートやソロアルバムでは、副題は使用せず主題を中心とした独自の構成がなされており、アンサンブル、ピアノソロ、オーケストラ等、様々な編成で演奏されている。

ウイキペディアより引用

トヨタ・カローラのCMにおける「Summer」

2000年より、カローラセダンのCM(「変われるって、ドキドキ。(セダン)」篇・2000 – 2001年)およびカローラフィールダーのCM(「変われるって、ドキドキ。(フィールダー)」篇・2000 – 2002年)に、サウンドトラックの「Summer」が使用されました。

この曲を弾いてると、久石譲さんの世界に入ってゆく感覚ですね。
大人にも子供にも、人気の曲「Summer」。

弾いてみました

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。