ピアノの技術を習得するという事。レッスン再開の生徒さん

ブランクからのレッスン再開

今月から、受験でお休みなさっておられた生徒さんが無事大学にご入学され、レッスンを再開することになりました。

先日の発表会では久しぶりに演奏を聴きましたが、ブランクがあっても私がレッスンでお伝えしてきた事は忘れずに、ご自分の音をよく聴いて、そして楽しんで弾いておられました。とても嬉しかったです。

「ピアノを楽しんで弾く」には技術が必要です。

「ピアノを弾いて楽しめる」ところまでは、努力しないといけません。

きちんと楽譜を読む力をつけて、正しい指使いで弾く事はもちろん、基本の姿勢や奏法が身についてこそピアノは美しい音で歌うのです。

「ピアノは弾けてなんぼ、弾けてこそ」

ご縁があって私の所へピアノを習いに来て下さった生徒さんには、是非上達して頂きたいです。忙しくなったり、受験や色々なご事情で中断しても、また弾きたくなったらスムーズに再開できる実力を、つけておいてあげたいです。

そして、必死に弾くのではなく「楽しく、美しい音で」ピアノを奏でられるようになって頂ければ、嬉しいです。

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。