町のピアニストとして、思う事

これまでに演奏した曲目の見直しや、今後弾こうかなと思う曲を考えているところです。
選曲はいつも、なかなか楽しい作業です。

呼んで頂ける場所、雰囲気、年齢層、求められている曲をあれこれ考えて順番を決めます。
主催者の方から、リクエストされることもあります。

動画がきっかけで今年の夏、コンサートをさせていただいたシニアマンションのイベント担当の方からは、「最初の1曲はパイレーツ・オブ・カリビアンでお願いします!」とのご依頼でした。

パイレーツ・オブ・カリビアンは、初めてYoutubeにアップした時のもので面白がってコスプレで撮りました。
家族は呆れていましたが、どうせやるならこれくらい!というノリでやってみました。
衣装は、アマゾンで2980円というお安さ!

私は町のピアニストとして、お客様と近い距離でコンサートを楽しんで頂ける事が喜びです。
クラシックや、ポップス、ジャズ。ジャンルを超えて音楽っていいな、ピアノの音っていいな、と感じてくだされば嬉しいです。

今はクラシックコンサートも様々で、気軽に楽しめるコンサート、トーク力抜群のタレントアーティストも多くなりました。
昔ながらの、呼吸するのも密やかにしなければならないような緊迫した雰囲気のコンサートも、今もあります。
ご自分に合ったコンサートが選べる時代になりましたね。

でも残念ながら、演奏する場所や聴く人によって完全に手を抜く、というか聴いている人をバカにしているかのような演奏に出会う時もあります。
とても不愉快な気持ちになると同時に、この人は本当にピアノが好きなのかな?と感じます。

そんな時私は、音楽に対して純粋な気持ちをいつまでも持ち続けたいな‥、と思うのです。

夫のブログの方に、スタインウェイのおはなしの続き、その4をアップしております。
よろしければ、そちらもご覧くださいませ。

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。