ショパンのエチュードによる練習曲〜ゴドフスキ編(神戸市東灘区甲南山手・深江・ピアノ))

ショパンのエチュードといえば、上級テクニックが必要とされる練習曲集。

それをさらに、超絶技巧にアレンジした人がゴドフスキー。

何年も前に生徒さんのTさんから、楽譜をプレゼントされたのです。「先生!コンサートで弾いてください!」

すごく分厚く、ずっしりした楽譜を見てウェ〜、となりました。音符山盛り!

気力なく、楽譜棚の飾り(笑)になってしまっています。

オリジナルでも十分難易度高いのに、なんでこんな事をするのか?!だいたい、作ったあなたは弾けたんですか?とゴドフスキーに聞きたい。笑

レオポルド・ゴドフスキーについてはこちら

しかし、チャレンジなさっている実力と根性の備わった方はいらっしゃいます。

素晴らしい。ここまで弾き込むのにどれほど練習を積んだかと思ってしまうのです。あなたはエライ!

オリジナルのショパンと続けて、ゴドフスキーバージョン演奏です。

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。