秋を感じて・デュアルライフ

ウォーキングにぴったりの季節になりました。

のんびり朝の散歩。コットンボールを見つけました。

棉は多年生植物で夏に大きな5弁の,白や黄色,ピンクの花を咲かせます。

落花した後は丸いカプセルと呼ばれる果実になり,その中では真っ白な長い繊維をたくさん身にまとった多くの棉実が育ちます。

棉実が成熟するとカプセルが割れ,白いコットンボールが顔をのぞかせます。

伸びきった繊維に風を受ければタンポポの種のように棉実は新しい生育の場を求めて飛んでいきます。

開花もカプセルの割裂もその時期は一定せず,しかも開いたカプセルがひとたびスコールに打たれれば繊維が色あせたり縮んだりしてその商品性が損なわれるため,広大な棉畑での棉花の収穫は酷暑,炎天下を一日中,往来し続ける重作業となり,夕立前の収穫はとくに急かされたものでした。

アメリカ南部,棉作地帯の大農場でこの重労働に充てられたのがアフリカから奴隷として連れて来られた人たちでした。

やがて収穫作業を機械化するため,棉の木を一斉に開花させる農薬とカプセルの割裂寸前に葉を枯らせ,一気に落葉を促す農薬が開発され,黒人の労働はより安価な機械に置き換えられました。

もちろん,後のタイプの農薬はベトナム戦争で使われた枯葉剤のモトになったものです。

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。