音符のマグネットボード(神戸市東灘区甲南山手・深江・ピアノ)

4歳のYくんは、春からレッスンを始めました。音符を読むのが得意です!

へ音記号もなんのその。早く両手で弾きたいのですが、ピアノを弾くのはまだ一生懸命(当然ですね)で、なかなかスムーズにはいきません。

でも、頑張り屋さんなので片手の楽譜はどうも納得がいかない?笑 ようです。

そんなYくんに、ハマってもらえそうな気がして、昨日買ったマグネットの音符ボード。ビンゴ!でした。

いそいそと、音符を並べてはピアノに座って自分のミニ作品を奏でるYくん。

最初は片手メロディでしたが、何も言わなくても、両手の箇所に音符をおいて弾き始めました。

こんな感じ!

自分で歌詞を作って、メロディにのせて歌ってくれました。

後ろで見守っていたお父様に、「パパ、一緒に歌って!」作曲家、誕生です!

お父様、ご協力ありがとうございました。笑

そのうち、「先生、この音何?教えて!」と、まだ知らない音域が知りたくなったYくん。

待ってましたよ、その言葉!

興味を持ってもらえたら、子供さんの集中力はすごいですね。

たくさんの新しい音符が、読めるようになったね!次のレッスン、楽しみです。

さぁ、子供さんのレッスンが終わりました。

今日はこれから大人の生徒さん達との弾き合い会へ出かけます。

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。