レッスン室のピアノを購入した時のお話

2018年春、レッスン室のピアノを購入しました。
昔から親しみのあるYAMAHAグランドピアノを希望でした。レッスン室の大きさから、C3サイズで。

お世話になっている調律師さんTさんにお願いし、選定に伺ったのは名古屋のグランドギャラリーです。
広々とした美しいショールームで、優雅に落ち着いて選定させていただきました。

たくさんのピアノを見て店内を歩いていると、テンションが上がってきます。
選定に気を取られて、当日の写真を撮ってないのが残念です。HPをご覧になってくださいね。

あらかじめTさんが選んで下さっていた5〜6台のピアノは、最初の試弾で3台に絞られました。
それぞれ個性のあるピアノを弾き比べさせていただき、自分の好きな音色、パワー、タッチ、において私が我儘な注文をしていますのに、Tさんはまるで魔法使いのようにすぐに、私の求めている音色にして下さいました。

Tさんに初めてピアノを調律していただいた時の衝撃は、今も忘れられません。
こんなに艶やかで惹きつけられる音に、私は出会ったことがありませんでした。
調律師さんの技術で、ピアノの音はどうにでも自由自在なのだなということをTさんは、私の目の前で証明して下さいました。Tさんと出会って以来、私は幸せにピアノを弾いてまいりました。

最後に納得してこれだ!と思う一台に決めたとき、

「ぴったりのピアノが見つかりましたね。ピアノがね、弾いてくれる人を選ぶんですよ。」
とおっしゃったTさんの笑顔が忘れられません。

残念ながら今年お亡くなりになられましたが、Tさんの音をずっと…覚えていたいです。
本当にありがとうございました。

 

搬入の日に撮った1枚。

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。