西神中央駅ストリートピアノで「ラ・カンパネラ」動画あり

クラシックピアノ曲の中でも、超人気の「ラ・カンパネラ」。

ピアニストにとっては音の跳躍がすごい〜!鍵盤の幅をしっかり指に馴染ませなければミスタッチが増えてしまいます。

でも人間ですから、1個2個のミスタッチを怖がって演奏が堅くなってしまうもどうかな…と思いますね。

コンクールだと、そうもいきませんが。

完全に脱力ができていないと、最後まで持たない曲です。

ラストにかけて、高らかに鐘の音を鳴らし続けなければいけませんからね。パワーの要る1曲です。

ドラマチックな名曲ですね。

西神中央駅ストリートピアノで「ラ・カンパネラ」弾きました

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。