自分のレパートリーを持ち続ける事。

長くレッスンを続けてこられた生徒さん達はレパートリーが豊富です。
毎年の発表会、弾きあい会で皆さん熱心に新しい曲に取り組んでこられました。

この1〜2年でしょうか。過去にレッスンを受けて仕上げた曲をもう一度
発表なさる方が増えています。

これはとても良い事です。3年前、4年前に必死で練習して発表会で演奏した曲を今になっておさらいすると、その頃よりもうんと楽に弾けるようになっているのを実感できるからです。

楽に弾けるようになっているのは、休みながらでもずっとレッスンを続けていらっしゃったからです。
ピアノはご自分のペースで、続けることが一番大切です。「辞めないで続ける」というのは、簡単なようで大変かもしれませんね。

でもピアノが好きだったら大変なことではないですよ。私がそうですから!

3〜4年前よりも、一歩も二歩も進んだ内容のレッスンが出来ます。生徒さんの上達を感じる嬉しいひと時です。

ご自分のレパートリーを大切に弾き続けて、磨き上げてくださいね。

ブルーミンメドーのアップライトピアノ。Bostonでした。

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。