ネネットとランタンタン(Nénette et Rintintin )

“ネネットとランタンタン”は男の子 ネネットと女の子 ランタンタンのペアです.

“ネネットとランタンタン”は第一次世界大戦下、ドイツ軍の爆撃や砲撃からフランス市民を護るためのおまじないとして、また戦地の彼と銃後の彼女との結びつきを象徴する飾りとして流行しました.

写真は当時、航空技術を学ぶために渡仏していた日本人技術者たちの訪欧記念誌の表紙に装丁された正真正銘1917~’18年ごろの実物です。
このおまじないのお蔭か、使節団は全員無事に帰朝し、フランスで学んだ技術を活かしていきました。

どうか、“ネネットとランタンタン”がコロナ制圧のおまじないにもなってくれますように。

凱旋門の写真です。

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。