音符カードでのレッスン〜譜面をスラスラ読めるようになって欲しいですね。

ピアノ始めたばかりのお子さんに使用しているのは大きな音符カード。

でもレモンのレ、をイラストだけで覚える子供達から「オムライス」と、言われたこと数回。

レモン、太過ぎる!笑

ちょっと慣れたら、ワンサイズ小さな音符カードを使います。

大譜表になっても読めるかな?

「せん」と「かん」の音をグループわけして覚えます。

音符カードはオンラインレッスンでも活用しています。譜読みを嫌がってたら、音楽は奏でられませんよ!

脳細胞は小さいころからしっかり働かせて、楽しく音符を覚えてゆきましょう!

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。