フレーズを綺麗に歌うことについて

大人の生徒さんからオンラインレッスンの動画と共に沢山のご質問が。

「全体的に綺麗に弾くための取り組み」について教えて下さい」と、最後が締めくくられていました!すごい!

「ピアノを弾くとき、手は玉子を持ったように丸くして弾きます」

昔、習ったピアノの先生から、そう教わった方は多いでしょう。私も、かすかに記憶しています。

全否定はしませんが、常にそのフォームで固定して弾くには無理があります。

手の形ばかりにとらわれないで、力まずに弾かなければ綺麗な音造りは出来ないのです。「玉子の手の形」は誰が言い始めたんでしょう?

すごい影響力で、久しぶりに再開なさる大人の生徒さんは大抵、手首が固い弾き方でいらっしゃいます。力が入っていると、スピードアップも限界がありますね。

とりあえず「玉子」一旦忘れましょう!

基礎練習(ウォーミングアップのために)とセットで、アドバイス動画を作成してお送りしました。ファイト!笑

生徒さんとの動画やメールのやりとりを、楽しんでいます。

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。