イライラしている時〜癒しの音楽〜ポドルスキー音楽処方

イライラは、日常の色々なシーンで起こりますが、その強さは自分がどれほどそれをしたいと思っていたかという、欲求の深さと、自分の心身状態により変わります。

心の状態が良ければ、まぁいいかと思えたりする事もありますし、そんなにやりたくなかったことが阻止されても、心の状態が悪いと、酷く苛立つ事もあります。

些細な事でいつまでもイライラしているとしたら、それは心にイライラがうっ積している状態であり、「これ以上我慢すると危険」という心の危険信号です。

これを解消するには、イライラと同じ強さを持つ音楽、が必要です。

イライラが強ければ強いほど、大音量でテンポの速い音楽がおすすめです。旋律よりも、音の激しい動き、リズムの速さのある音楽は交感神経を刺激し、イライラ軽減に役立つそうです。

聴きながら身体を揺らしたり、動かしたりするのもイライラを鎮めるのに効果があります。

ポドルスキーの怒りを鎮める曲例より サン=サーンス 動物の謝肉祭

 

サン=サーンス 動物の謝肉祭もいいですが、クイーンもよろしいです。
最近のマイブーム、怒りを鎮める曲  クィーン  We Will Rock You

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。