癒し〜1/ f 〜 ゆらぎについて

ゆらぎ

「ゆらぎ」は、ほぼ一定の規則的リズムの中に、不規則性が多少含まれる刺激の事です。
音楽を聴いて癒される理由の一つに、「ゆらぎ」があります。

音波(音の波)

音の波の振動が空気を伝わり、耳の鼓膜を振動させ、音として脳に伝わります。その波が1秒間に何回揺れたかという数を、周波数と呼び「f」や「Hz」という記号で表します。

また、その波の1つの長さを周期と呼びます。1つの音波でも、この波の長さに不規則性があるものを「ゆらぎ」が生じている、と言います。

人間が弾いたピアノやバイオリンは、一定の音階を弾いたとしても、音の波の振動数や周期は多少の乱れを起こします。これが、「ゆらぎ」で、人の耳には心地よく感じられます。電子音は音波の振動数や周期が固定されているため、ゆらぎは生じません。

人間の心臓の音も「ゆらぎ」です。ほぼ規則的なリズムですが、息を吸うときには早くなり、吐くときには遅くなります。人の体にはゆらぎが自然と生じているため、ゆらぎの音は生理的に受け入れやすく、心地よく感じると言われています。

赤ちゃんを抱くときに、「赤ちゃんの頭を左胸にして抱くとお母さんの心臓の音が聴こえて落ち着きます」と助産師さんから教わったことを思い出しました。

自然界にも、ゆらぎの音はたくさんあふれていますね。
波の音、虫の声…。

レッスン案内

神戸市東灘区本庄町にて ピアノの個人レッスンをしています。

ご自分の想いをピアノで語ってみませんか?

これからピアノを始めたい方へ

この記事を書いた人

坂上麻紀

坂上麻紀

現在は東灘区にてピアノ教室を主宰の他、ラウンジピアニスト、各種イベント、シニアマンション・病院等での出張演奏にて活動中。神戸女学院大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒・同音楽専攻科修了。